闇金の手口とその対策とは

調べによれば、ヤミ金問題に関する相談数は伸びていませんが、被害者を窮地に追い込むやり方で取り立てする闇金業者が多くなっているようです。

闇金相談数年前に、精神的に追い込む取り立て手法により、ある一家3人が自殺してことで過激な取り立て行為が社会問題になったことで闇金業者が全国各地で摘発されトラブルが減少しました。

それにより、闇金はより巧妙になりました。闇金の変化形としてソフト闇金が生まれ、厳しい取り立てをする業者が減少しました。
ところが3年前から、闇金本来の強引な取り立てをする闇金業者が復活したようです。

従来型の闇金手法は、利用者を精神的に追い込むために周辺の人達にまで嫌がらせをするのは、本人よりも第三者から返済させるものです。

夜中、頻繁にかかる無言電話し、借りている本人にではなく家族の職場に現れ、働き続けることができないようにします。
利用者の多くは何とか一人で解決しようと孤軍奮闘します。その利用者心理を逆手に取り、己の目的を達しようとします。

被害者の多くは、新たに借金して返済するという、非人間的なことを要求されます。

それと、問題なのが闇金業者に強要されて意思とは関係なく犯罪の一翼をになうことになります。

ヤミ金のやり方は、被害者に強要できる延滞時や融資申込み時に無理やり携帯電話の契約をさせ、犯罪の受け渡しに利用される銀行口座を開設させられ、取得した携帯電話、銀行通帳を使って新たな犯罪の手段に使います。

高額な金利を払わせられたあげくに、犯罪の手伝いまでさせれては踏んだり蹴ったりです。
そんな犯罪者集団からは今すぐにでも脱出しなければ将来はありません。

その手段として最適なのが闇金問題の専門家である弁護士、司法書士を利用することです。
ネット検索すればヤミ金問題の相談窓口が沢山開設されていますので今すぐにでも相談してみましょう。
ほとんどが相談は無料です。

債務整理の心得

あなたは、どこに借金しているの?

闇金の債務整理法的な債務整理には4つの方法があるので、まず借金の全容を確認することが重要です。また、借入時期が2007年以前の借金の場合、いわゆる“過払い金”が生じている場合が大であるので、完済した借金についても確認すると良いでしょう。

金融会社からの借金額はいくらか
契約書や督促状、通帳などを確認して、当初の借り入れ額、そしていついくら返済したのかチェックしよう。合わせて借入金利や返済方式「分割払い」「リボルビング払い」なども確認しておけば十分です。

担保や連帯保証人の有無
親兄弟の不動産を担保にして、なおかつ親兄弟が連帯保証人になっていることだって考えられます。その場合、家庭内で事は収束せず、親族が多大な損害を被る可能性があります。

返済金を滞納する前に必ず親族に現状を報告し相談すべきでしょう。また、自動車ローンは購入車が担保になることが多いので、仕事で車を利用している場合はご注意下さい。

返済金の滞納の有無
返済金滞納によるマイナス面は大きく遅延損害金の発生、金融会社からは分割ではなく一括返済を要求される、契約者本人ではなく連帯保証人にも督促が送付されます。

これは、総債務額にも問題となるため、早急に調べておきましょう。ただし、5年あるいは10年以上滞納している場合は、消滅時効の援用が中断しする可能性がありますので金融会社に問い合わせることは止めておきましょう。

法的な債務整理には種類があり、住宅ローンが残っていて家を残したい場合などケースバイケースで対応が変わってくる。自分自身で解決できそうにない場合は、考え込んでいないで自治体の多重債務相談窓口や債務整理に詳しい専門家の見解を聞きましょう。門外漢判断は危険でです。

負荷をかけられると、こうした調査することも手につかず、期間ばかり経過して行くことも想定されます。期間を追うことに解決困難になるため、時として配偶者の代理として調査して相談窓口に随伴することも念頭におくべきです。

借金問題を解決した後が大切
法的な債務整理を行い借金の問題が解消されたとしても、「なぜ債務超過したのか」その誘因を調べ解決しておかないと、また借金をする可能性があります。

お金との付き合いは死ぬまで続くものですから、円満な家庭の経済状況となるよう生活改善に向かっていかなければなりません。

投資と投機そして借金

投資と投機そして借金お金を「回転させる」ための投資の基本とは? 良い債務・悪い債務の異なる部分を知ることが重要です。 投資とは、将来の成長に着目して、自分自身が持っている資金を投入しそれを増加させるために実行をすることです。

お金を投入させることも投資だし、自分の時間を投入させることも同じく投資です。 短い間だけで売買益を手に入れることは、投資というよりも投機といえます。

投資は進め方や攻略するための手段が重要です。 投資するベクトルを間違うと、通常であれば得られる可能性をつぶしてしまい、最終的には、投資に失敗してしまう人も見受けられます。

貧しい人、言わば、お金集める技術が少ない人が勘違いしてしまうのが、「積み立て」という言葉です。 積み立てているだけではお金は増加しません。 また一般的なのが投資信託、外貨貯蓄などです。これは、積み立てていても、基本的に元本の信託や外貨が変動するので、預け入れた分よりも減少するリスクがあります。 積み立てをするのは、貯蓄習慣を身に付けるためだけだと考えを改めることです。

お金を貯め込む技能が少ない人は、日々の習慣として、収入に対して支出の方が多いのです。だから当然のごとくお金が留まりません。そのために、強制的に積み立てをして、貯蓄する分を天引きする方法は効果が期待できます。

一方、高所得者は、お金は回らせるものだと考えています。「お金は貯めるものじゃない?循環させるなんて考えたことがない」というのが一般の人々。 お金持ちは、お金を早く回らせることをいつも考えています。

資金は限られているので、その資金を最大限度生かして、取引を増大させます。これがお金を回転させるということなのです。

ひとつの例として、現金100万円が手元にあっても持っているだけでは増えません。また銀行の普通預金に入れても現在の金利では増えません。しかし、お金を回転させて働いてもらうと増加するようになります。 お金を回転させるときには、期間と増加する金額を考えるのが重要です。

借金して投資をする人も多いと思いますが、この考え方が理解できないと負債が増えて債務整理をしなければならなくなります。

投資のための借金ならまだしも、浪費のための借金は絶対に止めるべきです。一般金融機関から借りまくって闇金まで手をだしているのなら、今すぐ「闇金問題の解決を弁護士すると・・」を参考に解決しましょう。

自己破産と090金融(携帯闇金)

自己破産をするケースでは、人生をやり直すための少しの金額の他には、全て自分のものでなくなります。
自宅や土地などの所有物の他、ローンを返しきれてない車も手放さなくてはなりません。ただ、ほかの人が返済し続ける事に、債権者の了解を得ればローンを返済と並行して所持することも可能になります。

個人再生とは借金整理の一種で負債をすくなくしてその後の返済を楽にするという代物です。これを行うことによりほとんどの人の生活が楽だと感じるようになるという実例があります。

昔、私もこの債務整理をしたことにより助かりました。

個人再生をするにしても、不認可となってしまうケースが実在するのです。個人再生をするにあたり、返済計画案を出すことになるのですが、裁判所でこれが認められないと不認可としての扱いとなります。もちろんの事ですが、認めてもらえなければ、個人再生は不可能です。

個人再生には複数のデメリットが存在します。

一番は高額であるということで、減額した以上に、弁護士に払う金額が多かったという事例もあります。しかも、この方法は手続きが長い期間となるため、減額になるまでにかなりの時間を費やすことが多いのです。

ただ、自己破産を含めた債務整理の方法は闇金相手では使えません。
なぜなら闇金は違法なので、裁判所の呼び出しに応じませんから裁判にならないからです。
自己破産は相手が出廷しなくても可能ですが、闇金業者は破産者であっても関係なく貸しますし、厳しい取り立ても行います。
闇金地獄から逃れるには弁護士や司法書士、それも闇金問題に詳しい事務所を見つけて依頼するしかありません。特に闇金業者の所在が分からない090金融いわゆる携帯闇金と呼ばれる相手では弁護士や司法書士は必須でしょう。