浮気の苦痛

ご主人の浮気相手の家などに乗り込んで行っておぞましい戦場になるシーンは、映画やドラマでよく描かれます。

夫人の浮気現場にご主人が乗り込むことになると、傷害や場合によっては殺人さえも起こるというサスペンスドラマも少なくありません。
浮気しているところを捕まえて問い詰めるのも方法としてアリです。

離婚になってもいいと思う場合は、試してもいいと思います。

浮気調査の第一段階ですべき事は、本当に浮気しているのか? という疑問を確信に変えることです。浮気の痕跡が確かでない場合は改めて、調査を続行するか否か決めなければなりません。

調査により浮気が確定した場合に、次は不倫相手を調査となります。

仕事先など、あなたの確認できない場面でのパートナーを調査したり、あるいは張り込んだり等、不倫相手の正体を確認するのです。

もし、貴方が不倫などに向き合うことになり、慰謝料を請求する場合には、尚更念入りに、相手への調査が必要ですし、複数回に渡る、浮気の証拠を突き付けられるようにしないといけません。もし、貴方がその調査を探偵に任せるのであれば、浮気の証拠をキッチリとした形で捉えてくれますし、裁判では、貴方の気分をスッキリさせてくれる材料を貴方の手に届けて貰えるでしょう。

結婚している相方が、浮気しているときでも今後も、パートナーであり続けたいのなら浮気現場を押さえようとすることはするべきではありません。
パートナーを裏切ったことがバレた途端に妻または夫の頭に血が上って、居直ってしまって、かえって、離婚という結果を招いてしまうかもしれません。
その上、浮気相手との会話によって精神的に、耐え難い苦痛を味わうこともあります。

相手に与える苦痛には、浮気で発生した借金問題もあります。
浮気をすればホテル代やプレゼント代など出費がかさみ、小遣いでは足らずクレジット会社やサラ金、挙句の果ては闇金からのキャッシングで賄うこともあるでしょう。
闇金とのトラブルを一気に解決する方法