闇金の手口とその対策とは

調べによれば、ヤミ金問題に関する相談数は伸びていませんが、被害者を窮地に追い込むやり方で取り立てする闇金業者が多くなっているようです。

闇金相談数年前に、精神的に追い込む取り立て手法により、ある一家3人が自殺してことで過激な取り立て行為が社会問題になったことで闇金業者が全国各地で摘発されトラブルが減少しました。

それにより、闇金はより巧妙になりました。闇金の変化形としてソフト闇金が生まれ、厳しい取り立てをする業者が減少しました。
ところが3年前から、闇金本来の強引な取り立てをする闇金業者が復活したようです。

従来型の闇金手法は、利用者を精神的に追い込むために周辺の人達にまで嫌がらせをするのは、本人よりも第三者から返済させるものです。

夜中、頻繁にかかる無言電話し、借りている本人にではなく家族の職場に現れ、働き続けることができないようにします。
利用者の多くは何とか一人で解決しようと孤軍奮闘します。その利用者心理を逆手に取り、己の目的を達しようとします。

被害者の多くは、新たに借金して返済するという、非人間的なことを要求されます。

それと、問題なのが闇金業者に強要されて意思とは関係なく犯罪の一翼をになうことになります。

ヤミ金のやり方は、被害者に強要できる延滞時や融資申込み時に無理やり携帯電話の契約をさせ、犯罪の受け渡しに利用される銀行口座を開設させられ、取得した携帯電話、銀行通帳を使って新たな犯罪の手段に使います。

高額な金利を払わせられたあげくに、犯罪の手伝いまでさせれては踏んだり蹴ったりです。
そんな犯罪者集団からは今すぐにでも脱出しなければ将来はありません。

その手段として最適なのが闇金問題の専門家である弁護士、司法書士を利用することです。
ネット検索すればヤミ金問題の相談窓口が沢山開設されていますので今すぐにでも相談してみましょう。
ほとんどが相談は無料です。