キャッシングの注意点

キャッシングを利用する際に気になるクレヒスについてですが、聞き慣れないこの用語、実は「クレジットヒストリー」の略で、その人の過去のキャッシング履歴が全て残されています。

キャッシングを行った後、ちゃんと支払いが完済できればクレヒスも信用性のあるものになり、今後は更に有利な条件でキャッシングを利用できるようになります。それゆえにクレヒスというのは大事なものなのです。

延滞にはくれぐれも気を付けて計画を立てて期日に間に合うように返済するのをお勧めします。

昔のキャッシングは申込や審査に時間や手間がかかったものです。

それが最近では利用者目線でのサービス改良が進み、とても使いやすくなっています。
審査時間の短縮とあわせて最強と言われているのは、ウェブだけですべての手続きを済ませられるサービスの登場です。上限30?50万円程度の小規模融資なら免許証やそれに代わる必要書類をメール添付やブラウザ経由で送れば契約できるようです。契約完了後は銀行口座に入金してもらうこともできますし、カードを発行してもらうことも可能です。

でも銀行にすれば、自分の口座からお金を引き出すような感覚で融資金を受け取ることができます。キャッシングについての規制で最も有名なのは、総量規制というものです。その人の年収の3分の1の借り入れしかできないというものです。

これは消費者金融のみに適用されて、銀行は管轄の法律が異なり、適用されることはありません。
また、他社でもうキャッシングしている時はトータルで判定されます。
本当に支払いに窮してくると、消費者金融での借換やおまとめローンなど、ややもすれば高金利な方に目がいきやすいです。
用途は生活資金(教育・住宅費用含む)に限られますが、公的融資を申し込んでみるのはどうでしょう。たとえば社会福祉協議会なら、福祉目的であるため相当低い金利(2%前後)で借り入れ可能です。

社協の貸付制度のシステムとしては、連帯保証人を立てられれば無利子(利息負担ゼロ)となる点がありがたいです。
こういった制度があることを理解して、何のためのお金をどこから借りるか、よく考えてみてください。

お財布の中身が心もとない給料日前でも、欲しいと思うものがある場合には、キャッシングすることがあります。審査の申し込みを会社のパソコンから送っておけば、即日で審査を通過できるのです。

そのあとは、勤務先から近い場所のコンビニのATMで下すだけです。コンビニなら、誰にもバレないので気兼ねなく利用できます。

その上、簡単で便利です。
キャッシングの注意点としては、便利だからといって安易に使うと借金地獄に陥ります。自分のお金と勘違いしないことです。
勘違いすれば、最後はヤミ金融にまで手を出して家族、親戚にまで大迷惑をかけることになります。

浮気の苦痛

ご主人の浮気相手の家などに乗り込んで行っておぞましい戦場になるシーンは、映画やドラマでよく描かれます。

夫人の浮気現場にご主人が乗り込むことになると、傷害や場合によっては殺人さえも起こるというサスペンスドラマも少なくありません。
浮気しているところを捕まえて問い詰めるのも方法としてアリです。

離婚になってもいいと思う場合は、試してもいいと思います。
続きを読む “浮気の苦痛”

キャッシングしてはいけない相手

そこそこ自由にお金が使える人でも想定外の出費があればお金を借りなければいけないときがあるはずです。

自分は関係なさそう、なんて思うのは自由ですが、知識がない、初めてだと自覚しているのにも関わらず、個人を名乗る金融業者さんや無名の会社でお金を借りると、とんでもない苦労を背負ってしまう危険性がありますから、知らないところでは「すぐ借りちゃダメ」です。
続きを読む “キャッシングしてはいけない相手”

闇金弁護士、司法書士を見つける

とつぜん、今すぐお金が必要となった。手元資金では足りない。しかし貸してくれる当てがない。

こんな時に、どうしようもなく消費者金融で借りる人がいますが、止められるものではありません。
覚悟しなければならないことは、高目の金利と「回収ありき」の取り立てが存在すること。

遅延したらどうなるのか契約時に確認しておかないと、後悔することでしょう。契約通りに返済できるように、別の金融機関から借金して返済をするなどは借金地獄へ一直線とも言えます。

闇金に手を出すべきではないと分かっていたが、もうすでに闇金融から借りてしまっている方は、自力で何とかしようとせず、できるだけ早くヤミ金被害対策のプロである、弁護士もしくは司法書士に相談してみましょう。

闇金の貸付行為は違法ですから借りたお金は、法的にいえば全く返済する必要ありませんし、取引内容次第では、過去に返済した金額を取り戻し、取り立ての恐怖に怯えなくてもよい静かな生活ができます。

ただ、弁護士・司法書士の中でも、闇社会の知識なり経験がある、弁護士なり司法書士などの専門家を見つけることが必要です。司法書士あるいは弁護士事務所と看板に表示されていても、それぞれ専門とする分野が違います。何と言っても闇金業界は、法外で営業している犯罪者です。権威がある法律の専門家であっても、太刀打ちできる相手ではありません。それについては先で述べたように知識と実績が一番必要です。
続きを読む “闇金弁護士、司法書士を見つける”

闇金対策の専門家を探す

計画以外に、持ち金以上の支払が発生した。しかし手元に資金はない。銀行で借りるにしても時間がない、そんな時、やむ得ず高金利な消費者金融から借りてしまう人達がいますが、無理からぬことです。とりあえずの対策としては即日に借りれるのは大いに助かりますから。

そこには、高目の金利と「回収ありき」の取り立てが存在します。約定をよく読んでおかないと、悔やむことになるかもしれませんね。ひょっとして、返済できなくなるのを防ぐために、さらに別のサラ金から借りてくる多重債務の坂道を転げ落ちることに。そして、どんなに苦しくても闇金には絶対に手を出してはいけません!でも闇金は法律に縛られない犯罪集団です。

そうすると、闇金の何が問題なのか。
正規の貸金業者との違いは、利息制限法や出資法の上限利率を超える金利で貸し付けている事業者、監督官庁に登録していない貸金業者を、闇金と呼びます。
加えて、正規貸金業者として登録していても違法な金利で貸し付けすればすなわち闇金融となります。

一昔前までは、市中の貸金業の金利として「トイチ」と呼ばれるものがあります。概して言えば10日間で1割の利息を取るというものです。
それが現在のヤミ金になると、以前の2~3倍の金利、年利に換算すれば720~1080%にもなるケースもあります。その結果、年利1080%のトサン(10日で3割)なら、10万円を借りれば1年間の利息は、なんとまあ、108万円。誰がこんな金額を返済し続けられますか。
続きを読む “闇金対策の専門家を探す”